ひつじのこや

羊毛とはんことつぶやきと三位一体波状攻撃
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

グルメサイトよりいらした方へ
ひつじのこやをご覧いただきありがとうございます。 グルメサイトのひつじのこやのページは当店が掲示した物ではございません。 情報に誤りがある場合がありますので、ご注意ください。 ひつじのこやはごく平凡なこれと言った特徴のない小さなお店です。 おそらく皆様のご期待に添うようなお店ではないかもしれません。 よくご確認の上ご利用いただけたらと思います。 当店以外は素敵なお店がたくさん掲載されておりますので、 ぜひ、さらなる検索をお勧めいたします。
雑貨とcafe ひつじのこや
〒240-0101 神奈川県横須賀市長坂4-13-5 tel:046(857)1135 mail:hitsuji_no_koya@yahoo.co.jp
ATTENTION
copyright(c)2007 hitsujinokoya all rights reserved. 本サイトのすべての作品、文章、画像などの著作は「ひつじのこや」に帰属します。 本站所使用的圖形或網頁素材,其著作權均屬於本站作者「hitsujinokoya」
気が向いたらポチを
ブログパーツUL5

SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINK
グルメサイトよりいらした方へ
ひつじのこやをご覧いただきありがとうございます。 グルメサイトのひつじのこやのページは当店が掲示した物ではございません。 情報に誤りがある場合がありますので、ご注意ください。 ひつじのこやはごく平凡なこれと言った特徴のない小さなお店です。 おそらく皆様のご期待に添うようなお店ではないかもしれません。 よくご確認の上ご利用いただけたらと思います。 当店以外は素敵なお店がたくさん掲載されておりますので、 ぜひ、さらなる検索をお勧めいたします。
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
KESU手ぬぐい
JUGEMテーマ:消しゴムはんこ
 
先日のスタンプカーニバルというイベントで


みんな(KESUメンバー)でデザインしたオリジナル手ぬぐい。

メンバーが消しゴムはんこで


それぞれの地元県のランドマーク的な物のアイコンを彫り


それを原盤にデザインしました。



私はこんなの

大仏と外国人墓地

そして自分のキャラ
(ひつじくんとかえるくん)


手ぬぐいの染めの関係でかなり太線。

それこそ久しぶりに彫ったので線が危うい。。。



そんな愛着たっぷりの手ぬぐいを

そろそろ使ってあげようと

本日やっと水通ししました。





干しているのを眺めるだけでもいい感じ。

う〜ん、本当にいい色だ!

自画自賛ですが本当に気に入ってます。

アイロンかけました。

自分のところのアップ

イベント後に


ひつじのこやでも販売しようと思ったのですが


少量生産でしたので回ってこないかも。



通販分としてとっておいた分も


残りわずかになってましたので


緊急告知!!


気になった方は

買い逃しのないように

こちらより

↓↓


ume*onigiri物販部



どうぞ!!

 
| つぶやき | 00:35 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
ぴゅん太
暑い日が続いております

大雨の影響により被災された方にお見舞い申し上げ
犠牲となり亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします

残りの行方不明の方もみな無事に避難されていて
生存確認されることを信じております


*******************************


なんだかんだとブログをはじめて10年近くたちます。

さぼっている日の方がが多い気がしますが。。。


「ぴゅん太」というハンドルネームで書きはじめ、
少しずつお友達も増え
最近は「ぴゅん兄」とか「ぴゅん太兄さん」などとよんでいただいたりしております。

最近知り合った方からは、なんで「ぴゅん太」なの??
なんてきかれるようにもなりました。

十年一昔
ぴゅん太と私
あれからちょうど10年なのです。

何のこと?という方のために
そして十年という一つの区切りのために
昔のブログで書きましたぴゅんと私のお話を転載いたしたいと思います。


興味がない方はスルーしてくださいね!!


****************************

以下、9年前(2005年)の日記の転載です。

****************************

1年前の今、まさに日記を書きはじめたこの瞬間、2004811日の1時過ぎ
、まさにこの時間にぴゅん太は、ぴゅん太(ぴゅん)に最後のお別れをした。

ぴゅん太(正確にはぴゅん)と言う名前、実は、ぴゅん太のペットの名前だった。
分かりにくいので人間のぴゅん太は「私」と記述しましょうか。


ぴゅんは、私のペットのモルモットの名前。

ぴゅんとの出会いは、何でもないとあるショッピングセンターのペットショップ。
ふと立ち寄った私たちは、一匹の掌に乗るほどの小さなモルモットに目を奪われた。
ほんとうに小さなこいつは、ゲージの中に何匹かいる多分兄弟であろう他の子たちよりも
明らかに目立ってかわいかった。


顔は茶、胴体は白で、背中からお尻が、黒と茶。
チャームポイントは、おでこの白いメッシュ!

一目惚れした私は、今までまともにペットなど飼ったことがないにも関わらず、
飼育セット一式と共に彼を連れて帰っていた。


つけた名前は、「ぴゅん」

ピュンピュンと動き回る元気な子である。

結婚して、数年。
子供も無く、退屈な日々を送りはじめた私たち夫婦には、
まるで、子供のような、天使のような存在となったのは言うまでもない。


そんなぴゅんとの生活は楽しくって、小旅行に連れて行ったり、
宝くじを買うと、ぴゅん頼みといって、ぴゅんの小屋の上に置き、
お願いしたり、、、

つらいことや、嬉しいこと、夫婦喧嘩の時なども、
かならずぴゅんに話しかけ、一緒に泣いたり笑ったりした。



いつしか、掌にのってもあまっていたぴゅんの体も、
掌ではおさまりきらず、腕に乗せないと抱けないようになっていた。



そんな、子供のようなぴゅんの体調がおかしくなりはじめたのは、
今から三年ほど前

おなかのおっぱいの部分が片側だけ腫れてきた。


病院に行くと、ばい菌が入って、炎症を起こしたのではないかとのこと。
抗生剤などを飲ませて治療をした。
今思えばその時に手術をしてもらっておけば。。。

3000円のペットに、その程度の炎症に7万円の手術をして、、、
しかも、年齢的に体力が弱りはじめる年になり、手術後の経過も保証できないとのはなしだったので、
今、腫れているだけで、全く今までと同じく元気だったので、へたに触らない方がいい
自然のままにありのままに生きさせようと判断してしまったのだった。

そのとき私は「命」というものを軽々しく考えていたのかもしれない。


それ以降、ぴゅんはそのままで改善することなく1年あまりが経過し、
徐々に食欲がなくなり、やせてきて、そのうち寝てばかりになってしまった。。。



そして、去年の今日。

私は、いつもどおり、風呂に入り、寝ようと寝室に行ったのだが、

ふと、
ぴゅんにお願いしていた宝くじの当選発表を見ていなかったのに気が付いた。


本来なら、寝ている時間なのに、ぴゅんから宝くじを受け取り、発表を見た。


そうしたらなんと!!
30枚の宝くじが

13,900円の大当たり!!(私にとってはね。)
 

「やった〜!!ぴゅん!!ありがとう!!あたったよ〜!!」と
いい、ぴゅんにチューでもしてやろうかと、近づくと、

急に、ぴゅんがよろよろしはじめ、立ち上がれなくなってしまった。。。

「大丈夫??」

私はぴゅんを抱きかかえ、体を何度も何度もなでてあげた。
しばらくするとぴゅんは、手足を痙攣させ、ビタッと動かなくなってしまった。

なすすべなくただただうろたえる私とは対照的に

ぴゅんはそのまま動き出すことはなかった。

。。。永遠に。。。



今でも忘れない、私の腕の中で、体は硬直し、
決して安らかだとは言えない最後を迎えさせてしまったことを。。。


もちろん、そのあとは、夫婦で大泣きをした。。。
私はいままでで、これほど泣いたことがないと言うぐらい
これでもかと言うぐらいの初めての大泣きだった。

犬や猫とは違い、意思の疎通も満足に出来ない小さな生き物の命が、
私たち夫婦にとってどれほど重たいものだったのか、その時初めて気が付いた気がした。



いつもならば寝てしまっているはずの私を、宝くじをつかって、
最後のお別れを言うために呼んでくれたのかと思うとまた涙が止まらなかった。



私の手の中ではなく、寝てる間にお別れをしていたら、どれだけ悔いが残ったことだろうと思う。



翌日、仕事中に少し時間をもらい、葬儀屋さんに頼み、火葬場で焼いてもらうことにした。

かわいそうな最後を迎えさせてしまったぴゅんへのせめてもの償いだった。

それまで、私ほど大泣きせず、私を慰めてくれていたはずの妻が、
最後、ぴゅんを引き渡す時に急に泣き出し涙が止まらなくなっていた。


そしてそこで、本当に本当の最後のお別れをした。。。
あのかわいい前髪のメッシュを見たのもこの時が最後だった。



その後、葬儀屋さんに代金を支払うと、13,750円、宝くじの当選金額とほぼ一緒だった。

この「ぴゅん宝くじ」の当選は、ただ最後のお別れを言うためだけではなく、

最後の最後まで私たちに迷惑をかけないようにしてくれたんだと思った。



まったく最後まで、ニクイやつだよ!


そして、今、ぴゅんはぴゅん太として、ここ(BLOG)の世界で、私と共に元気に遊んでいます。
みんなの日記をピュンピュンと飛び回り元気いっぱいに楽しく
少しでもみんなが幸せな気持ちになれるようにがんばっています!!


これからも、私とぴゅん、二人で一人のぴゅん太をよろしくお願いします!!

pyun

**********************************

以上
(一部修正あり)

**********************************


ぴゅん

君は今でも褪せることなく私の中で生き続けているよ。

あれからもいろんな後悔を繰り返すような私だけど

なんとか10年がんばってきたよ

ありがとう

これからも一緒だよ



あれから10年目の夏をむかえて ぴゅん太

 
| つぶやき | 16:04 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
珍しくお散歩

GWいかがお過ごしになりましたでしょうか??

月曜日に友人の会社の方で私もお世話になりましたお方が

刺繍の個展をしているという事で

千駄木に行ってまいりました。

行きの電車は偶然にも
ウワサの

幸せのハッピーイエロートレイン!に乗って。
赤い電車でおなじみの京急に
一本だけ黄色い車両が走っているそうです。

今日はラッキーデ〜ィ♡でした。

ビルの間を入っていくと

古いアパートを改装したギャラリーでした。

トキワ荘な感じ

古いハンカチに思いを込めて

言葉や絵が刺繍されています

遠景で写しましたが
気になる方はぜひ見に行ってくださいね。

古い建物に優しい刺繍と言葉

とっても素敵な少し胸を焦がすような空間でした。

清 綿子 個展
     ーとちゅうのひとー
2014/5/3土〜11日
休日12:00-19:00
平日13:00-20:00
GALLERY MANOMA
文京区千駄木2-44-5



その後、我々は谷根千をブラブラ。

根津神社でツツジを見たり

満開ではなかった。。。のでアップで

ティラノザウルスが振り向いてるみたいな木を見たり。
(なんじゃそりゃ)

手作りマーケットでご一緒しています
こぎん刺し作家のまろちゃんの店??
かと思わせる素敵な洋食屋さんを見たり。
(なんじゃそりゃ)

昔通った谷根千の印象と違って
小洒落たお店やカフェもたくさんあったし
谷中銀座も原宿かっ!?てものすごい人ごみでびっくりでした!
さすがGW。

そのまま上野までブラブラ歩き

一杯ひっかけて帰ってきました。

久々のお出掛けという感じで楽しかったです。

さて、

明日からみなさまもきっとお仕事や学校ですね。

5月病にならぬよう

楽しいGWの思い出とともに

がんばっていきましょ〜。

 
| つぶやき | 22:32 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
灯篭流し

ま〜ぁ、非常に暑い中

昨日はとっても涼しくて

夕方には肌寒いぐらいでホッと一息


そんなお盆の中

はじめて灯篭流しに行ってきました



我が家は新盆だったので

提灯と灯篭流しをお願いしにいきました



会場である横須賀の三笠公園という所は

子供のころからの遊び場

戦艦三笠という


何だかわからない写真ですが^^;

日露戦争で活躍した戦艦の展示してある公園です


おもしろいことにこの戦艦三笠の船上から

流れる灯篭のお見送りができるのです




ここの灯篭流し古くからのものでもなく

昭和21年よりはじめられたものだそうです
(それでも60数年経ってますが。。。)



たくさんのお坊さんのお経の合唱を聴きながら

なんだかよくわからない一種異様な

不思議な風習だと違和感を覚えながらも
(特に仏教徒というわけではないので。。。)




遠くの海に漂う灯篭の光をぼんやり眺めて手を合わせると



おばあさんとの別れが少しずつ現実のものだったのだと


受け入れる自分がいることに気がつくのでした。。。




| つぶやき | 16:07 | comments(1) | - | - | - | ↑PAGE TOP
夢はつかみとるものなのだ


こんにちは

今週はすっかり梅雨らしく雨が降っております

畑の水やりをさぼれるので

ホッとしております


うちの庭のちっこい話だけではなく大きく言っても

水不足というのは本当に深刻ですからね

逆に、降り過ぎて土砂崩れや洪水も困りますが。。。


常に人間は自然とともに

生きていることを忘れてはいけません



と、うちの庭の中の「小さな地球を見ているだけでも

そんなことを思わさせられます



かわいいちびケロちゃんもぴょこぴょこしておりますよ〜




さて、先日


オリンピック候補選手
が来店しました
(お世話になっているさとしくんの甥っ子さんです)

といっても日本ではまだまだマイナー競技ですし

オリンピック枠も確約されておりません



スポーツならほぼ何でも見るのが好きな私は
(決してやる方は得意ではないです。。。)

半分ぐらいの年齢の若者でも

スポーツ選手というだけで尊敬のまなざし

しかも「日本の頂点に立つ人」

興味津々だったわけです



けれども尊敬に値する人なので

いろんな質問は失礼にあたるといけないので

あまり聞けず。。。



まあ、そんなものです

小市民のファン心理ってやつですので

そんなことはどうでもよくって、、、



ぜひ、リオを目指して頑張ってもらいたいと思います

実際に本人に会うことができたので

これからはより一層!

陰ながらこっそり応援していきたいと思います

(↑とことん小市民)



そこで、、、

もし!

東京オリンピックの招致が成功したら!!


開催国は無条件で参加可能なんですよね?ねっ!

これは何としても東京招致を応援せねば。。。


と思ったんですが


ご本人的には

自分で出場を勝ち取らないとあまり意味がないようです



うんうん

そうですよね


オリンピックってなんだ??

参加することに意味がある??

メダル取ることに意味がある??


そういうことだけではないですよね


自分の中にある成し遂げるべきものや理想を

結果はどうあれ

どれだけ納得できるレベルで実現できるかということなんでしょうか



その結果が俗に言う

「夢をかなえる」

ことであり

「かなわぬ夢」


なのかなと

(まぁ、そもそも彼がオリンピック出場が「夢」なのかどうかはわかりませんが)


最近見たCMで違和感を覚えたのを思い出しました


あなたの夢をかなえます

という趣旨のCM


「あきらめてしまった人の夢をあれだけお金をかけて大袈裟に一日限りでかなえるのなら

今まさに夢に向かって全てを犠牲にして突き進んでいる人の夢を

応援してあげた方がいいのになぁ」


若干不満に思ってたわけです



そうか、、、


夢に向かっている人は他人の力をあてにしてないですよね



と彼のおかげで妙に納得することができました



夢はただかなえばいいというものではなく

夢はつかみとるからこそ価値のあるものなのだ



まあ、だからこそ誰もが夢と呼び

追い求め続ける意味のあるものなんだろう。。。





突然ですが…


「あなたの夢はなんですか??」





私はあなたのそんな姿を陰ながらこっそり見守っていきたいなぁと思うのでした。。。





支離滅裂な文章でごめんなさい





| つぶやき | 12:36 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
新しい住人


先日、ひつじのこやに

小さな小さな新しい住人

ふえました


くろめだか


もぉ、小さいです

よく見ないと発見できないほど

も〜、かわいいです

ずーっと眺めててもあきないんです



ぜひぜひ見に来てくださいね〜



童謡

「め〜だ〜か〜のがっこうは〜♪」

という歌をついつい口ずさんでしまいますが、

作詞は茶木滋さん

実際にめだかを眺めていると

その歌詞の想像力の豊かさ

単純な歌詞の中に情景を

思い起こさせる表現力に

あらためてすごいなぁと思いました。



どれだけシンプルに

どれだけわかりやすく

どれだけ豊かに

どれだけかわいく

一つの作品を表現するか

そして、人々に共感を与えられるか



めだかちゃんからもらったこのインスピレーションを

自分の作品に少しでも生かしていけたらなと思いました





P.S. さとしくん、めだかありがと〜!!




| つぶやき | 15:52 | comments(2) | - | - | - | ↑PAGE TOP
あうんの日記
 

うちの父親が同級生のヨットで旅に出たようです

ヨットは「あうん号」といって

父の同級生のKさんの愛艇


今回は日本半周?ぐらいするようです。

2ヶ月半の予定だそうな。


ヨットの旅は

きっと自然と真っ向から向き合う旅なのでしょうから

波乱万丈


旅になるかもしれませんね




お暇な方は

「あうんの日記」


をチェックしてみてくださいね

たぶん毎日UPされるようですので



ではでは、航海の無事を祈る


UW



| つぶやき | 14:05 | comments(2) | - | - | - | ↑PAGE TOP
かまきり…

こんにちは

あっという間に5月も終わりそうです。

そしてこの世は俗に言います梅雨と呼ばれる時期になりましたね。

今日もすっかり雨模様です。

おんぼろなうちのお店は、

雨の音、ガラスをたたく風の音、すきま風



静かだけど

わさわさ、ざわざわ

でも、

自然の喋り声は耳障りではなく

案外心地よかったりします



大袈裟ですけど

自分がこ今こに(この世界に)いるという実感がわくのです



最近のお家の窓はサッシで快適なんでしょうけど

外とのつながりを遮ってしまっている気がします


もちろん街中ではビル風やアスファルトの放射熱、ほこり、排気ガス

室外機の熱風、犯罪
など様々なものから身を守らなきゃいけませんからね

悪循環



自然とのつながり、人とのつながり

季節を感じ、人とのかかわりを感じ、自分の存在を確かめる

それが人間であるということなのかな〜などと

ふと考える雨降りの午後です





そうそう、先日お店の中でカマキリが生まれました


ぞくぞくと…


店の壁や天井に何十匹ものカマキリの赤ちゃんが



めちゃくちゃかわいいっ!!


ちっちゃくてもちゃんとカマキリの形なんですよね

当たり前ですが



大量のカマキリを店の中で飼うことも出来ないので
(当たり前)

一匹一匹虫かごに落として外に全部逃がしました



まだ店の中に一匹や二匹は残党がいそうですけどね


小さな虫を食べてくれるでしょうから

害虫駆除係としてボランティアで働いてもらいます(笑)





| つぶやき | 12:41 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
春の足音


こんにちは♪


だんだん過ごしやすい気温になってきたとともに、
花粉症の方にはつらい時期になっているようですね。

昨日は、「啓蟄」だったそうです。

あまり耳慣れない暦ですが

暖かさを感じ土の中で冬籠りしてた虫たちが外にでてくるよって意味だそうです。

私も昨日のお休みは、虫たちと同じく
お店から這い出してお庭に椅子を出して
のんびり珈琲なんぞを飲みながら
お日さまをたくさん浴びてのんびりしてました。


至福の一時

まったり気持ちよかったー



花壇に目をやると



かわいいつくしが顔を出しておりました。



うんうん、やっぱり春の足音はすぐそこまで来てるんですね。




横須賀の長坂、ひつじのこやに春を探しに来ませんか?

つくしみたいに首をながーくしてお待ちしておりまーす(o^^o)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

結婚記念日おめでとうございます!
そんな大切な日にご来店いただきまして
嬉しかったです。

ささやかながらお祝い申し上げます\(⌒▽⌒)/

(車のナンバーも!?)


| つぶやき | 20:48 | comments(2) | - | - | - | ↑PAGE TOP
幸せとは


こんにちは

今日は雪もチラついて一日寒かったですね〜。

お店はお休みでしたがこんなお天気

家に籠って


BSで「タイマグラばあちゃん」という
ドキュメンタリーを観ました。

有名な作品のようなので観た事のある方もいらっしゃることでしょう。

参考までにこちら

ぜひみなさんも機会があったら観てくださいね。



こっから先は私が個人的に感じた事、かつ、まとまりの無い話なので
まあ、軽く流してくださいませ。




先日、友人に

「どうしたら幸せになれるんだろう?」

などとシンプルでストレートな質問をされ

私なりにこう答えました。


「幸せの定義なんてないのだから、幸せかどうかなんて個人の価値観の問題だよ」

「どんなにお金持ちの人でも不満ばかり感じていれば幸せでは無いのだから
どんなに貧乏で運の悪い人だとしても毎日些細な事でも幸せと感じていれば
その人のほうがよっぽど幸せな人だよね」

「その人が幸せと思えればそれが幸せなんだから、幸せと思ったもの勝ちなんじゃない」


などと

ちょうど最近、後者の貧乏人である私は(裕福な人への妬みや劣等感から?)
どんな小さな幸せも見逃さないように人より一つでも多く幸せを感じて
世界一の幸せ者になってやろう(大袈裟)と企んでいた事もあり

偉そうにそんな解ったような事を言ったのでした。



そんな中、この「タイマグラばあちゃん」を観て
自分のこの勘違いをちょっと恥ずかしく思いました。



木々のざわめき、風の音、鳥の声、川のせせらぎ

時間の流れ、そしてその使い方

厳しい自然に寄り添い、感謝し、分け合い

そして

生きていくという事

(この全てに意味を感じましたが一つ一つ書くと長くなるので割愛します
タイマグラばあちゃんを観てその人なりに感じていただきたい)




幸せは決して探しもとめたり作り出したりするものではない。

ただただとてもシンプルな事で

日々を感謝しながら生きてゆく中で自然と与えられるもので
そしてそれをほんのりと感じとる事だけで充分なものなのだ。

ばあちゃんの生活にはそんなものであふれていた。


わかっているつもりでも
現代の生活の中ではすっかり忘れてしまうこの感覚。
大自然の前や森の精霊に出会った時に思い出すこの感覚。

昔ながらの田舎の暮らしはできないけれど
この感覚を忘れてしまってはいけないかなと。


そうだ、ばあちゃんはタイマグラの妖精だったのかもしれないな。


ありがとう、タイマグラばあちゃん


妖精として私の心の中に生き続けていていてね。




はやく友達にもこの話をしてあげなくちゃ。


その友達とのやりとりを想像しながら頬を緩める私は、
今、ほんのりとやわらかな幸せに包まれている。


| つぶやき | 00:10 | comments(3) | - | - | - | ↑PAGE TOP